ナースの種類

ナースと言ってもいくつかの種類があります。

①看護師:病気の人や妊産婦に対して身の回りの世話や診療補助を行います。
厚生大臣から免許を認定されています。
②准看護師:都道府県知事から認定されており、担当医からの指令を受けて診療補助を行います。
③認定看護師
必須教科を取得し、特定分野における知識と技術に秀でており、実践で活用できる者。
認定看護協会から交付されます。
④専門看護師
専門分野で優秀な能力を持っていると認められた者。ただし、能力が有っても専門の認定試験に合格しなければなれません。

いくつかの種類がありますが、どの職種も人手不足が深刻化しています。
多くの募集があり、募集件数も毎日更新されていますが、まだ足りていない状態です。
最近は病院だけでなく、介護施設や在宅介護の分野にも募集があります。
たくさんの方面で活躍している為、募集の職種も広いですがどの分野も人が足りていないのが現状です。

原因のひとつとして、高齢化があげられます。
介護施設には、ヘルパーだけではなく我々や理学療法士などの様々な分野のスタッフが配属されています。
施設が増えますと、やはりその分人が流れていきます。

また、より深い知識を身につけようと、短大から4年大学に進学する人が増えたことも原因のひとつだと考えます。






おすすめ記事

自分を活かす

色々応募するときにはチェックを入念に行うと思いますが、出来れば自分そのものを活かせるところを選ぶのが吉です。そういったところの方が長く勤められますし、成長も見込めますからね。

納得できる医療機関

なかなかというか大変な看護師のお仕事。せめて自分が納得できる医療機関で働きたいですよね。無駄に異動が多かったりするとなんだか信用問題にもなってきますからね。

事前のリサーチ

看護師募集に応募して、いよいよ面接!面接の前日に一度自分で下見に言って、正確な所要時間を調べておくことをおすすめします。一度足を運んでおくと、当日は安心してのぞむことができるでしょう?面接は何事も、事前のリサーチが鍵になってきます。

いつも笑顔

病院に来る日とは、何かからだの不調を訴えて来院しています。
少なからず不安を抱えてている人が多いです。
その不安を少しでも払拭できるように、ナースは笑顔を絶やさないようにしましょう。

What's New

2013/02/20
おすすめ記事4を更新。
2012/11/16
おすすめ記事3を更新。
2012/07/12
おすすめ記事2を更新。
2012/03/14
おすすめ記事を更新。
2011/12/26
新着情報を更新。
2011/12/26
学科試験を更新。
2011/12/26
資格についてを更新。
2011/12/26
根性論を更新。
2011/12/26
仕事先を更新。
2011/12/26
看護師募集に応募する!を更新。
2011/12/26
ホームページリニューアル