社労士の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)取得後は、独立するか勤務社労士になるかで悩む方が多いと思います。 でも、一般的には、勤務社労士で経験を積むケースがほとんどのようです。 先輩もいますし、何よりいきなり慣れない仕事を1人でするのは大変ですよね。 勤務社労士として働きながら、書類作成したり、申請の仕事内容を経験していきましょう。 独立はいつでもできます。 開業して独立すると、年収が倍以上も上がる場合もあるそうです。 しかし、それだけリスクも高くなるのです。 それに、勤務社労士と独立社労士では、仕事内容の重点が変わってきますので、どちらが自分に向いているのかを考えると良いかもしれません。 それを見極めるためにも、勤務社労士の経験は役に立つのではないでしょうか? ここまでは、会社勤務の社労士について書きましたが、事務所で働く方法もあります。 会社に雇用されるのではなく、社労士だけの事務所で働くと言う選択です。 こちらでは、独立する際に役立つことがたくさん学べます。 新人の場合には、あまり高い給料をもらう事はできませんが、若いうちに知識や経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)をたくさん積みましょう。 いずれ独立したいのであれば、社労士事務所で働くのがベストな選択となっているのですー